保育園選び

保育士の初任給いくら位か

保育士の求人を見て、給料が安いというのを感じたことがある人は大勢いるのではないでしょうか。保育園には「公立」「私立」があり、これによっても給料は変わってきます。 公立の場合は、地方公務員の規定によって給料が定まってきますので、割合と安定した金額になっています。しかし私立の場合は、地域や施設などによって金額が異なり、平均して初任給で16〜17万円程度(年金や保険料を引くと13〜14万円)となっていますが、手取りで10万程のところもあります。 このように施設に応じて給料がかなり変わってきますから、保育士求人の要項をチェックする時には、一施設だけでは無くて幾つかの施設をチェックするようにした方が良いでしょう。

再就職時の求人募集について

保育士は女性が多いため、中には結婚を機に退職をする人もいるでしょう。しかし保育士は、「資格」をもっていないと働けませんから、結婚後に落ち着いてから再就職を考えた時には強みになってきます。 現在は、どの地域を見ても保育士不足が目立ち、求人がたくさん出ています。ですから一旦現場を離れたとしても、再び仕事を始めようと思った時には割とすぐに職が決まりやすいのが保育士の魅力と言えるのではないでしょうか。 再就職をしようと思った時には、働きなれた以前の職場に空きがあれば一番望ましいですが、そうでない時にはやはり環境の優れたところで働きたいものです。求人がよく出ているところは、働きにくい職場であることが予想されるので、頻繁に求人のチェックをしておくことをお勧めします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Designed by CSS.Design Sample